基本的な製本スタイル 上製本の基礎知識 仮製本(並製本)の基礎知識
上製本の基礎知識
上製本
上製本 上製本
●上製本とは?
本の中身をしっかりと糸でとじ、別仕立ての厚めの表紙でくるむのが「上製本」です。表紙を上質の布でくるみ、本の題名を金箔押しした重厚な雰囲気のものが好まれますが、厚めの紙やビニールで表紙を仕立て、その上にブックジャケットを被せる本もあります。表紙は中身よりひとまわり大きく作ってあり、固い表紙で中身を保護するようになっています。表紙と中身の寸法の差を「チリ」とよび、この「チリ」は上製本だけの特徴です。表紙と中身に間には「見返し」と呼ばれる紙を挟んでのりづけしてあり、丈夫な表紙と糸かがりした本の中身をしっかりと固定しています。上質な雰囲気を醸し、長期の保存に耐えられるのが大きな特長で、小説や事典、記念誌、写真集などの製本に用いられています。
上製本は、本体の仕立てや耳の有無によって「丸山」「角山」「角背」の3種類に分類され、さらに表紙の仕立てにより、厚表紙と薄表紙に分類されます。
丸山上製本丸山上製本

角山・角背上製本角山・角背上製本
●上製本の製造工程
創業当時は全て手づくりで製作していましたが、現在では全工程オートメーション化されています。下記の「工場見学」では、ドイツ・コルブス社の全自動ラインに独自のチェック機能を組み込んだ当社の上製本ラインをご覧になれます。

●自費出版本にも対応
自叙伝や画集、写真集など、個人の生涯や趣味を1冊の本にして出版する、いわゆる「自費出版」が静かなブームになっています。
「どうせなら上製本で!」という方々のご要望にお応えして、小ロットの自費出版本の製作も承っています。

上製本工程 各部の名称 工場見学(上製本工程)