基本的な製本スタイル 上製本の基礎知識 仮製本(並製本)の基礎知識
仮製本(並製本)の基礎知識 中とじ製本
●仮製本とは?
現代社会では、出版物を迅速かつ低コストで提供することが求められています。これに応えるのが「仮製本(並製本)」で、上製本に比べて工程が簡略化されるため、雑誌やカタログ、DMなどの商業印刷物に広く使われています。仮製本には「中とじ製本」と「無線とじ製本」があり、用途に応じて使い分けられています。

●中とじ製本
表紙と中身を一度に丁合(※)して折り合わせ、背から見開きにかけて針金や糸でとじるのが中とじ仮製本です。本を2つに折った真ん中をとじるため、独立した背の部分がないのが見分け方のポイントで、週刊誌やパンフレットなどに多く使用されています。最も簡単で安価な製本の方法ですが、構造上、厚みのある本には適していません。

※丁合…本の中身をページ順にそろえ、1冊分ずつまとめる作業のこと

中とじ工程 工場見学(中とじ工程)

●無線とじ製本
無線とじ製本
表紙を除いた中身だけを丁合し、背の部分を裁ち落として接着剤で表紙を貼り合わせるのが無線とじ製本です。全自動ラインで大量生産が行えるため、雑誌や一般書籍の大半にこの製本方式が用いられています。無線とじ製本では表紙を貼り合わせてから、背を除く三方向を裁ち落とすため、表紙と中身が同じサイズになり、表紙がやや大きい上製本とは簡単に区別することができます。
当社では、生産能力とコストパフォーマンスを追及した全自動ラインに加え、本文の一部をコンピュータ制御で差し替える「ランダム丁合」や、ハガキ等の差し込みなど、多様な機能を付加した無線とじラインを開発しています。

無線とじ工程 工場見学(無線とじ工程)