お知らせNews

2021/07/26会社情報

自費出版 小説 『251』のご紹介!

今回は弊社で自費出版された小説『251』のご紹介です。



物語はひどいイジメ遭った主人公『和輝』、自殺を図ったが幸いにも助かり、病院で目を覚ますところからスタートします。序盤の圧倒的なリアリティで進むイジメ描写は正直読み進めていくのがつらいです、しかし読まずにはいられない感覚になり、グイグイと物語に引き込まれていきます。後半からはサスペンスの要素も加わり、スリリングな展開でますます目が離せなくなってしまいます。エンディングを迎えた際には、良質な映画を見たようでとても晴れやかな気持ちに私は包まれました。タイトル『251』に込められた意味とは、、是非、この作品で素晴らしい読書体験をしてください。

ここからは、制作過程ですが、
作者の「はぐれむい」様はなんとか、自身で書き上げた小説を形にしたいと思われて、最初は出版社に持ち込みをされました。
しかしながら自費出版はあまりに高価という結果になり、一度は諦められたそうです。
しかし、どうしても諦め切れず弊社にご相談を頂きました。

当初は出版をされるのであれば、Amazonで電子出版をされてはどうかとアドバイスさせていただきました。
Amazonの電子出版は基本無料で費用に関してはリスクがほとんど無い為です。
しかし、6年間を費やし魂込めたこの作品は電子書籍では味気ないので、どうしても手に取れる紙で本を作りたいとのご希望でした。

それでは、まずは小部数で本の形にしませんかとご提案させていただき、この度ようやく、完成となりました。

弊社では、ワードデータをご支給頂き、面付作業~カバーデザイン~印刷~製本までを担当させていただきました。出版社が本来行う校正作業は、作者ご本人におこなって頂くことで、費用を安く抑えることができました。また、印刷も少部数ですので当社のオンデマンド印刷機で対応させてもらうことができました。

校正作業の際は本の形として1部からお渡しすることが出来ます。本の形での確認作業は通常のペラ紙で出すよりも立体的な感覚でチェックすることができます。また、用紙がバラバラになってしまって無くなったというような事故も防げます。

そして苦労の末、完成した作品がこちらです。




本の仕様
サイズ:四六版 横128mm×縦188mm 
ページ数:378ページ
印刷:本体 オンデマンドモノクロ印刷
   カバー オンデマンドカラー印刷
用紙:本文 書籍用紙43.5k
   表紙 NTラシャ170k
   カバー コート135k
製本:無線綴じ
販売価格:税込1,100円

いかがだったでしょうか、今回は小説『251』のご紹介でした。もっと、もっと沢山の方に読んでもらいたい作品です。ご興味がある方は弊社までご連絡頂けたら幸いです。

連絡先:日宝綜合製本株式会社 自費出版の森事業部 松尾まで
    お問い合わせページは コチラ
 

お問い合わせCONTACT

日宝綜合製本へは上記より
お気軽にお問い合わせください。